gomaちゃんのゆる~い日記

とりあえずの日常をゆるーく書いてみます。

イノシシ解体して、焼肉。


罠の師匠からイノシシ獲れたよと連絡が有って師匠の所に向かうと20キロくらいのイノシシが2頭獲れていました。
せっかくなのでそのイノシシの腹出しをもう一度丁寧に教えてもらって腹出しをしました、やはり所々記憶にない部分が有りましたね。
さて、そこから保冷庫の中のイノシシと腹出しをしたイノシシのどちらを持って帰る?ってなった時に皮剥ぎがしやすい方を持って帰りたかったのでその話をしたら保冷庫で冷やしたのが簡単じゃないかね?となったので保冷庫のイノシシを頂いて帰ることになりました。そのイノシシですが。

これね、25キロくらいかな?ちなみに、メスでした。
ここからは皮剥ぎに一生懸命だったので画像は無いですね、しかも見る人に寄ったらグロいしね。
このイノシシ小さいのですが脂が思った以上に乗ってましたね。

モモから背中にかけてですけど、こんな感じでした。ちなみに、良い感じに凍ってて手は冷たいし皮を引っ張っても身が付いてこないから皮を剥ぐのとっても難しかったです。
皮剥ぎすんで骨を抜いて捌いていきます。こちらはモモだけ骨付きにして後は骨を抜きます。

こんな感じでカット終了です。写真では綺麗になっていますが当然捨てる部分も有るし形を整える段階で出たは下の肉も当然画像以外に有りますよ。いつも思うけど20キロクラスのイノシシはあばら骨外さず骨付きにして焼いて食べれば良いのかと思います。


解体も終了したので、焼肉しますよ。
今回は、

貰ったカセットコンロに焼き肉プレートで焼肉です。
話はそれますが以前は、

これ使っていましたが、煙が凄いので家の中とかでは使えないので煙の出にくいのを探していました、そこで見つけたのはイワタニのフッ素加工の焼き肉プレートですが最初は良い感じかと思いましたが案外火力を上げてくるとプレートが焦げ付いて洗うときにフッ素加工が取れてしまったりしたのであんまり使えないなーと感じました。
今回貰ってきたのは、同じイワタニですがプレートが鉄製のものでこれは焦げ付いても良い感じに洗えるから良いですね。
もちろん、美味しく焼肉を家で食べるには炭火が一番ですが簡単に食べようとすると炭をおこしたりするのに時間がかかるのと食べ終わっても炭が残ってしまうのが難点ですね。
そこで、小さいころ家で焼肉と言えばジンギスカン鍋だった、それでも美味しく食べていた記憶があったので、次は

ジンギスカン鍋です、当然煙出るし脂が溜まるので家の中じゃ焼肉は無理なのですが、これで美味しく焼肉食べれたら儲けです。今回のジンギスカン鍋は穴あき仕様の物を購入しました。


いつかはこれで焼肉します。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。