gomaちゃんのゆる~い日記

とりあえずの日常をゆるーく書いてみます。

TT2サンバーの異音の原因が分かったけど、どうもディーラーの整備不良?

12月に入ってから軽トラのサンバーの荷台付近からカタカタと音が出だしてあまりに気になるので原因を探していました。
そのサンバーは

これ、TT2サンバーです。このサンバーの荷台にアルミの箱を置いているので、これから異音が出ているのかと思って、位置を変えてみたり取り付けの金具を調整してみたりとずいぶんいろんなことを試みていましたが全く異音が無くならなかったです。
ひょっとして荷台の取り付け部分のネジが緩んでいるのではないかとも思い探したり増し締めしてみたりしましたが、そんな緩んだネジも発見できなくて・・・でも、明らかに何かしら緩んでいるような音がしてました。
先日通勤中にカタカタ音が小さくなってて安心していたら、なんと今度は荷台からの異音がガチャガチャと凄い音に、もう乗ってるのも心配な位な音に変わったので、絶対どこかおかしいと思い荷台を揺らして確認をしてみました。
そうすると

どうも、ショックアブソーバーかバネっぽい感じがするので覗いてみたら・・・

ここのネジ、ショックアブソーバーのアッパー側を止めているネジが飛び出てますよ、抜いてみたら抜けてるし。

こちらの画像の方が分かりやすいかな?
原因が分かったので、当然ですがネジを締めこみました。

無事締めこんで、荷台を揺らしてみると異音は無くなりました。
それで、なぜここのネジが緩んでしまったのか?私はここのネジを緩めたことが無い、よーく考えてみるとTT2サンバーのクランクプーリーのリコールが出ていて、クランクプーリーの確認の際にはこのショックアブソーバーを外さないとカバー類が外せないのでディーラーがクランクプーリーを確認した後、ここのネジを増し締めするのを忘れたんじゃないかと思います。
軽トラも実家の父親が乗らなくなってから私が乗っているのですが、これ父親だったら気が付かなかったと思います。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。