gomaちゃんのゆる~い日記

とりあえずの日常をゆるーく書いてみます。

今日も巻狩りに行ってきたよ。

今日は朝から曇り空でしたがまだ雨が降りそうでも無くて、巻狩りが有りました。
何時もの様に、近所の山に見切りに行ってきましたが、ワンコが居ないので今日の物
とも昨日の物ともわからずに終了。
その後、ワンコで山に入っていた人の情報でそちらへ行きました。
今日のマチは・・・

こんなところです。今回は正面からイノシシが出てくる予定です。ちなみに、私の
上方100メートル位で農作業をしている人がいて電子イヤーマフでその人たちの会話が
聞こえるから、ちょっとやる気が出ない。
私のマチの位置がとっても、引っ付きもっつきが生えていて服やらズボンに引っ付くと
嫌なので一通り刈り払いしてみました。
ワンコ切ったと連絡が入ったので、弾でも準備しようと取り出してみると・・・

ショットシェルが錆びてますよ、先週使ったものをビニールの入れ物に入れたままだった
のが災いしたのですかね、ちょっと残念。勿論弾は鉛なので綺麗ですよ。
弾を確認していると、ワンコ回収して別へ移動しようと会話していたので持ち場を皆さん
離れて集合場所へ戻ったら、何と1頭のワンコがまだ山で吠えていて、無線でイノシシ
居るよーと連絡が入ってきたので、再び持ち場へ戻っていると無線でワンコ山を下った
から私の所へ出るよーと連絡が入って弾込めて待ってたら・・・
上方のマチの方から弾を撃った音がしたので、無線を聞いていたら仕留めたと・・・。
ちょっと、グロテスクな画像なので閲覧注意ですが、



仕留められていました。
早速、解体場所へ移動することになりました。



最後に、腹を出したイノシシです、

秤で計ったら90キロでした、それとこのイノシシ雄です。
この後、皮剥ぎに骨すきしましたが、早速購入したモーラーナイフ使いました。

これですね。
使った感じですが、新しいのもあるかと思いますがよく切れます。皮剥ぎナイフは
イノシシの鎧の所が流石に切れにくいのですが、今までのナイフに比べても切れます。
そこそこ脂ののったイノシシでしたが、切れ味も悪くなることが無かったので、
良いナイフだと思いますね。私的には少し刃の部分が長い気がしますが、同じ形状の
持っている人のと比べてもサイズは同じでした。なので、この形状のものではこれが
普通のサイズでしょうね。
骨すき?フィレナイフ?の方ですが、刃厚が1.6㎜のため流石にあばら骨と背骨の付け根
を切り離すのはまず無理ですが、恐らくそのような使い方はしないのでしょうね。
アバラの骨取りは最高にやりやすくて切れ味も抜群でした、使ってみて良いなと思った
のは、ロースを背骨から切り離すときに刃がしなるので身をすき取るのが非常に簡単
にできたことですかね。
この、モーラナイフは使い勝手は良いですよ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。