gomaちゃんのゆる~い日記

とりあえずの日常をゆるーく書いてみます。

養子に出ていたホンダブロスが戻ってきたよ。やっぱり今ではキャブ車は不人気。

2か月前に我が家にあったホンダブロスが貰われていったのですが、なんとも出戻りしてきました。

戻ってきたブロスはこれですね。4月に車検に出してもうすでに戻ってきたってどんだけ不人気なんじゃろーね。というのも、燃料タンクが小さいのとあまりにも街乗りの燃費が悪いので嫌になったようです。まあ、古ーいバイクなんで仕方ないのですけどね。
でも、完調になるまであれこれ投資して頂いているんですがなんだかそれがもったいないです。
さて、戻ってきたんでちょっと気になっていた部分を調整してみますよ。

その前に、ETCが付いていたのでそれを外すのに外装を外します。それと、キャブレターを調整したいのでエアクリーナー部分をばらしていきますよ。

エアクリーナーボックスを外すとキャブレターが出てきます。

まずはPJが#45番にしていたのを純正の#42に戻します。それと、フロートを調整して油面を下げます。実際計ったら10㎜まで油面が上がっていたので7㎜まで下げます。
7㎜はサービスマニュアルに載っていた数字です。

反対側も調整しますよ、こちら側はフロントバンク側になります。
この後、組み立ててエンジン始動したところどちらかの油面が下がりすぎていたようでアイドリングしなくなったのでもう一度ここまでばらして調整しなおしました。
恐らくリヤバンク側だったようです、フロート室にガソリンが来ていなかったんで油面を計って調整しましたけど1ミリほど油面を上げてみました。
もう一度組み立てたらアイドリングは安定したんで油面はOKのようです。これで、燃費が改善するかはわかりませんが燃費が安定すればラッキーです。


実はこのブロス、部品取りで貰って来ていたんですが1号機のエンジンが直ってしばらくは部品取りする予定が無くなったんで復活させた車両ですが、あまりにも古いし屋外放置されていた車両で復活させても不具合が続出した残念な車両なんです。
でも、フロントフォークをVTRに変更してリヤホイールをドカのモンスターに変更しているんで乗らないのももったいなくて・・・。しかも、マフラーも新品スリップオンに変わってるしスピードメーターも社外に変更したりしているんで乗らないのもねー。
なので、次に乗ってくれる人が見つかったんでちょっと整備しました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。