gomaちゃんのゆる~い日記

とりあえずの日常をゆるーく書いてみます。

PCXのドリブンフェイスのベアリングとフロントフォークのOH。

PCXの補修予定部品がとりあえず揃ったのでベアリングとフォークのOHします。

部品はとりあえずこれだけです。

駆動系をばらしますよ。

これが、ドリブンフェイスです、これのベアリングから音が出ているので交換します。

ベアリングを抜きますが
こんなベアリングプーラー使います、画像はベアリングが少し外れてきたところ。

ベアリングぬきました。さらに、奥にもう一つベアリングがあります。

もう一つのベアリングはこんな感じで打ち抜きます。ですが、このままではベアリングが
外れないので全て分解する必要があります。

外ししたベアリングと交換予定のベアリング、交換予定の物は両シールになった物を
今回は使います。右のものね。

初めに外したベアリングも挿入しました。こちらはベアリングを叩き込みます。

組み立てていきますよ。

組み立ててとりあえずベアリング交換は完了です。
お次は・・・

フロントフォークのオーバーホールです。

まずはフォークを外します。PCXの下側にジャッキを入れて上げます。

バイスにフォークを固定して。

黒いキャップを外します。

真ん中を押し込んで、Cリングを外します。これさえ外せば後は下側のネジをインパクト
で外して分解します。

工程は省略して、掃除が済んだフォーク。インナーチューブはボチボチ寿命っぽいです。
ですが、今回は再利用しますよ。

フォークの底のネジを締めるのですが、インパクトでは締まりすぎるので規定トルクを
かけます、インナー側から回り防止の棒を突っ込みます。

そこのネジを閉めたら、バイスにフォークを固定して、オイルシールを打ち込みます。

打ち込み終わったら、ダストシールを取り付けて・・・

オイルを入れます。PCXはオイル量は118CCオイルレベル75㎜ですね、私はオイル量
でなくてオイルレベルで合わせます、今回は5ミリ上げの70㎜です。

こんな工具でオイルレベルを合わせます。
これで、トップキャップをCリングでとめてホークを車体に組んだら終了です。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。